ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

男1人でプラネタリウム"満天"の雲シートを楽しんできた【雲シートの感触・感想は?】

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170402204934j:plain

みなさま、ごきげんよう!yusato(ゆーさと)でございます。

 

実は私...1人で何でもやっちゃうタイプなんですよね。

  • 1人焼肉
  • 1人USJ / ディズニー
  • 1人カラオケ  etc....

 

そして今回、新たな初体験が追加されました...それは...

 

 

1人プラネタリウム

 

 

しかも....

 

 

1人プラネタリウム at 雲シート

 

 

そう...

 

 

 

雲シート!!!

 

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City

まず、そもそもどこのプラネタリウムに行ったかと申しますと、

池袋サンシャインシティ内にあります、コニカミノルタプラネタリウム“満天”でございます!

planetarium.konicaminolta.jp

 

 

サンシャインシティといえば、昨日ブログで一部触れました"サンシャイン水族館"ございますが、入場口はなんとサンシャイン水族館本館の隣です(笑)

f:id:yusatoblog:20170402214548j:plain

 

関連記事

 

 

プラネタリウム作品は、2017年4月2日現在で3つ上映されております(それぞれの作品には上映期間が決められています)

 

f:id:yusatoblog:20170402214146p:plain

出典:https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/

 

 この中から、好きな作品&時間帯のチケットを購入したらプラネタリウムの世界へ!

 

見たのはこれ!"宇宙に咲く星たちへ Songs by Superfly"

f:id:yusatoblog:20170402220155j:plain

一輪の花のアニメーションから始まり、壮大な宇宙の星々を映し出すプラネタリウムでした....

 

しかも、そのストーリーのところどころに Superflyさんの魂籠った楽曲が流れ、視覚・聴覚から壮大な世界に誘われました。

 

雲シートって?

さてさて、本題はここから....今回の1人プラネタリウム ですが、先述した通り"雲シート"という座席にて、プラネタリウムを楽しみました。

 

 

で、その雲シートとは何なのか....

f:id:yusatoblog:20170402221212j:plain

出典:https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/information/

 5つ並んでいる白いソファ調のものが、雲シートでございます。

 

各雲にはクッションが備わっており、ゆったりとした広々面積でございます。最大2名まで雲シートに乗ることが出来ます。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

まぁ、察しのいい人は気づきますよね。

 

 

  • クッションあるよ
  • 2名が想定されているよ

 

 

 

 

はい、私以外はイチャコラしているカップルしかいませんでした。

 

 

 

そんなか、この広々雲シートを独り占めして楽しんでました。

 

雲シートの値段・予約方法は?

"満天"のプラネタリウムには作品によって"プラネタリウム作品""ヒーリングプラネタリウム作品"に分けられ、その種別によって座席の金額が変わります。

 

そのうち、雲シートを挙げますと、

  • プラネタリウム作品:3,500円/シート
  • ヒーリングプラネタリウム作品:3,900円/シート

でございます。

 

 

そう、シート単位の金額です。

つまり、1人で行ったとしても、イチャコラしているカップルであっても上記の金額です。

 

 

予約方法は、公式HPの上映作品一覧(ページはこちら)から観たい作品へと進みますと、さらに予約フォームへの導線があります。

 

行きたい日にちの座席種別をクリックして情報入力すれば済むだけの話なのですが...

 

 

 

雲シート人気です(きっとカップルがイチャコラ)

 

 

特に土日は即埋まります。

 

4月18日に予約の新システムが稼働するとのことで、14日後までのチケットを予約することが出来るとのこと。

土日に行く場合は、逐次チェックが必要です。

 

雲シートの感想は?

f:id:yusatoblog:20170402222850j:plain

 

結論から言うと快適です

 

肌触りの良い生地で覆われ、固すぎずふわふわしすぎないシートです。

2名まで想定しているシートなだけあって、男1人でも身体を広げて夜空を見上げられます。

 

 

f:id:yusatoblog:20170402223134j:plain

※プラネタリウムのプログラムが始まる前に撮影しております

 

しかし、一点だけ欠点が...!!

ドーム型のプラネタリウムで見上げると夜空一面に星々が...とはならず、雲シート5席ある内の端席は壁とか気になっちゃいます....

 

 

せっかくなら真ん中狙いでいけたらベストかなって感じですね。

さいごに - 初1人プラネタリウム -

周りはめちゃくちゃイチャコラしているカッp

 

 

 

なんか、この記事通してしつこい感じになってしまいましたが、本当にカップルばかりでございました。

 

とはいうものの、現実世界から一気に隔離される空間で、"満天の星空"を見ると純粋に"綺麗だなぁ"というような感情しか生まれません。

 

ちょっとした気分転換にはいいかもしれませんね。

 

 

.....が、「お前みたいにUSJとか1人でいくような人間じゃないから、カップルの中で1人プラネタリウムはムリだわ!」なんて人は、お家で"満天の星空"で癒されてみてください。

スポンサーリンク