ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

「どうして今になって」- 大人になってADHDと診断された話 -

スポンサーリンク

みなさま、ごきげんよう!yusato(ゆーさと)でございます。

 

本日、人生の一つの転機となりそうな事態が起こりました。

 

強いADHDの疑いがある

そう診断されました。

 

 

"病院に行こう"そう思うようになったきっかけ

"仕事でうまくいかない状態"が長く続いたことがことの発端です。

"上手くいかない理由"を考えて自分も頑張ったわけですが、一向に治らない。

 

 

その治らなかったことが以下の通り。

 

 

  • 人の話が途中で途切れる
  • 一対一以外の場で相手の話が聞き取りにくい
  • 長い説明を理解できない
  • 背景がいまいち掴めない  etc....

 

 

精神的にきつくなって、インターネットという海に助けを求めたところ、ADHDの文字が....

 

 

早速心療内科へGO!!

 

テストと診断

なんかテストっぽいことやりましたね。

 

問診の後に筆記(YESorNOがたくさんある問題)の実技筆記的な(笑)

ADHD用の筆記と、木を書く問題心理状態(多くの項目)をそれぞれ選択する問題をやりました!

 

 

その日では結果が出ないとのことだったので、日を改めて病院へ。

 

その病院は確定診断を出せない病院とのことでしたが、

判断基準となる点数がかなり高い数値。強いADHDの傾向があり...おそらくそういう状態である。

とのこと。

 

 

加えて、二次障害として中程度の抑うつ状態の可能性との診断

 

 

 

あらま(笑)

確かに急に涙出てきたりとかあったけども(笑)

 

とりあえず、傾向判断としてかなり濃厚な強い診断が下されました。

正直まだ整理はついていない

正直、気持ちの整理はついませんよね。

 

"20数年間生きてきて、成人後今さらになって急にADHDと言われても"って(笑)

(笑)ってつけられているだけ、意外に平気ですが。

 

 

これまで普通に生きてきたんですよ!!!!(笑) 

 

 

もっと小さな頃から事実に気付けていたら別の生き方もあっただろうし、大人になってADHDとどう向き合っていくかみたいなことは正直全然考えられていません。

 

 

自暴自棄にならないだけマシとは思いますが、診断を受けたのが今日(火曜日)という週の折り返しにもなっていない時点ですので、まずは仕事をしなければ!!!!(社畜)

 

じっくりと考えるのは休みの日ですかね。

"ADHDのせい"にするつもりは毛頭ない

とりあえず、ADHDというものをより詳細に知ることが必要かなとは思っているところです。

加えて、自分の性質であったり、"得意なこと""できないこと"というのは整理する必要があるな、と

 

 

とはいえ、私も働いている身。

会社からお給料をもらっている身でございます。

 

 

自分の性質は明確にしつつも 、他人に頼りすぎず真摯に努力をし励んで行こうと思っています。 

楽しんでいる自分もいる

"ADHDかも"と思ったのは、"仕事に失敗している"とか"自分おかしいのではないか"というマイナスなところから入ったのは事実です。

 

とはいうものの、少しだけ調べてみたところ、"反対に考えれば長所になる点もある"とのこと。

 

自分でいうと、"興味の幅と勢い"は特にあるのではないかな、なんて今になって子供時代を思い返すと思い当たる節はありますね(マイナス面も然り)。 

 

 

今回、大人になってからの急な診断で混乱はしていますが、「今後自分がどうやって伸びるのだろう、どうしていけるのだろう」という新たな刺激があるのもまた事実。

 

自らを整理し、この刺激を楽しんでいきたいなぁなんて思っています。

 

 

まぁまずは今週残りの社畜生活頑張って過ごします!!(笑)

スポンサーリンク