読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

【大人のヒトヤスミを彩るお酒】『鳳凰美田 碧判 無濾過本生 純米吟醸原酒』感想【3杯目】

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170304221421j:plain

みなさま、ごきげんよう!yusato(ゆーさと)でございます。

 

日本酒感想シリーズ第3回目は、"鳳凰美田 碧判 無濾過本生 純米吟醸原酒"でございます。

鳳凰美田 碧判 無濾過本生 純米吟醸原酒

 

 

......

 

 

名前ながっ!!(笑)

そして、碧判とかこういう名前は少年心に突き刺さります!

 

当ブログの日本酒感想シリーズ...

3回目にして"而今"以外の日本酒を紹介です。

 

 

栃木県の銘酒"鳳凰美田"....酒蔵は小林酒造さんでございます。

 

フルーティーな華やかな香りと甘みに特徴があり人気な鳳凰美田より....鳳凰美田 碧判 無濾過本生 純米吟醸原酒を戴いた感想を早速!

 

 

フレッシュさと共存するコク

ラベルに"限定品"と書かれていますが....何を隠そう、冬季限定の鳳凰美田です。

 

.鳳凰美田 碧判 無濾過本生 純米吟醸原酒は新酒が故のフレッシュさを堪能できます。

 

グラスに注ぐと微かに香る吟醸香。

ふわりというよりも、スッと香るイメージです。

 

口に注ぐと、最初に感じるのはみずみずしさ。

そして、エレガントな酸味を感じます。

 

 

ただ、真の驚きはそのあと。

 

 

原酒ならではのコクを感じるのです。

 

アタック時は凛とした印象を抱かせつつも、喉を通るときには旨みへと、姿を変えていく凄まじさ.....

 

温度変化でまろやかな印象に

 私、日本酒を戴くときは、ワイングラスを利用しています。

それには理由がありまして、香りをより深く楽しめるということからです。

 

今回も当然愛用のワイングラスを利用したのですが...それを利用したが故のさらなる楽しみも...!

 

 

それは、手の温もりで温度変化を楽しむということ。

 

 グラスのボウル下を掌で少し常温に近づけると、鳳凰美田の香りがより引き立つのです。

 

そして口に含むと.....さっきまでのスッとしたアタックとは違い、口の中に溶け込むようなまろやかな舌触りに変貌。

 

日本酒の面白さを体感できる、そんな1本でした。

よろしければ"ヒトヤスミ"の読者へ

スポンサーリンク