読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

やっぱりブログはすごいんです -ブログがすごい3つのポイント-

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170507171808p:plain

みなさま、ごきげんよう!yusato(ゆーさと)でございます。

 

やっぱりブログはすごいんです

プレオスラーの桜庭和志選手が、UFC-J王者となった際の「プロレスラーは本当は強いんです」という発言がチラリと浮かんだ方も...??

 

ちょっと意識したのは秘密ですが今、本当に「ブログはすごい」...そう感じています。

 

その感じる3つのポイントについて考えたいな、と。

 

スポンサーリンク

 

読み手への意識 -どうしてわざわざブログなの?-

ブログを書く理由...人それぞれでしょう。

アフィリエイトを軸に稼ぎたい人、誰かに何かを発信したい人、自分の日記を書きたい人....

人それぞれどんな理由でも否定する権利はないですし、法に触れない動機ならどれも素敵だと思っています。

 

 

その中で共通するのは"ブログの読者がいること"

 

自分の日記を書きたい人は紙ベースでいいはずです(厳重に保管していればばれないので秘密の本音も書けますし)

 

そこを"あえて"WEBの世界に漂うブログに書くということは心の中では「読んでほしい」そんな気持ちもあるのではないでしょうか。

 

そう...

 

読者への意識、この試行錯誤がポイントだと思います。

 

 

「どういえば伝えられるのだろう?」

「何かほかに響く言葉はないかな?」

「そもそも読んでもらえやすいような文章、構成にしなきゃ」

etc...

 

試行錯誤の毎日です。

 

 

ブログ本は数多出版されど、そして検索すれば多くの方法論がある中でブログを書いている人それぞれに合ったスタイルがあるはずです。

 

検索すれば答えがすぐに出るこのご時世...ブログは、考えるという行為を自然とさせてくれます。

 

自分の意見をまとめられる

"考えを伝える"って本当に難しいんですよね。

 

考えたこと・感じたことを伝えるには、どうしてそう思ったかという要素があるはずで、それを言語化するのは本当に難しい。

 

人と話すという行為を通せば、相手が理解してくれようとしたり、「どうしてそう思ったの?」といった疑問を投げかけてくれるようなキャッチボールを通して深堀されて伝わることが多いです。

 

 

しかし、ブログは自分1人の戦い

 

 

自分が考えたことを言語化して尚且つそれを文字として残さなければいけません。

そこには手間な作業が発生するんですよね。

 

その言語化をしていく作業の中で、「どうしてそう感じたのだろう」とか「今後はこうしていきたい」とか、一つの主題を通して自分の考えをまとめていくことが出来るんです。

 

そう...ブログは思考の整理整頓となり得るんです。

 

アンテナが広がる

日記を書き続けている人はともかくとして、雑記ブロガーはブログネタで悩むこともしばしばあるのではないでしょうか。

 

それは仕方ありませんよね(笑)

面白い話題毎日降りかかりませんもの(笑)

 

でも、その中で「ネタになりそうなものはないか」と常々考えておくことで自然とアンテナが広がるんですよね。

 

 

ブログを始める前の世界と始めた後の世界が違います。

 

いや.....生きている世界は同じでしょうけど、"捉え方が変わる"とでもいうのでしょうか。

 

日常が少し面白く感じられる...ブログにはそんな力も。

 

"ブログ"という立派な趣味

趣味...継続して好きになるということは難しいものです。

しかし、その中でも趣味となった、ブログ

 

今では日常的に、何かを書きたいな、なんて思ってしまいますね。

 

生活の一部のような存在でしょうか。

この趣味を通すことで、先述の試行錯誤であったり、考えをまとめたりと素敵な効果が自分に返ってくる...そう信じています。

 

ブログは立派な趣味、そして本当に凄い存在なんです。

 

やっぱりブログはすごいんです。

yusato(ゆーさと)のヒトヤスミでした

よろしければ"ヒトヤスミ"の読者へ

スポンサーリンク