ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

【ネタバレあり】映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を観てきた!【感想】

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170715182526j:plain

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

本日、2017年7月15日公開の映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を早速見てきました!

 


2012年から刊行されており、また2014年にはアニメ化もされた人気ライトノベル劇場版です。

 

『ノーゲーム・ノーライフ』...『ノゲ』『ノゲラ』、『ノゲノラ』と親しまれています

(私は『ノゲノラ』派です(笑))

名前の通り『ゲーム』がテーマとなっており、その戦略・駆け引きを描いた内容にはハマった人が多いでしょう。

 

 

さて、早速そんな映画の感想を書きますが...タイトルの通り、ネタバレもあるのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

テトが語る物語...それは6000年以上も前に紡がれた物語

映画の始まりは、唯一神《遊戯の神》のテトと、獣人種の初瀬いづながチェスをしているところから始まります。

 

それは、全てがゲームで決まるこの世界が生まれる6000年以上の物語。

 

唯一神の座を巡って、大戦が起こり、その争いで多くの血が流れていた時代。

非力な人間は、絶大な力を持つ種族になすすべくなく追いやられ、滅亡に近づいていました。

 

しかし、そんな状況でも「明日を生きるため」に、人間を率いるリーダーである『リク』は日々、奮闘。

そしてある日、機凱種という種族の少女『シュヴィ』と出逢い、すべてが動き出します。

 

人の心を描いた物語

この映画のキーワードは何かと考えてみると...

 

『生きる"絶望"と"希望"』『心が創られる瞬間』『愛』

 

といったところでしょうか。

 

このゲームの世界が創られる前の物語ということでゲーム要素はアニメよりも少ないです。

 

しかし、それ以上の要素が詰まっています....こんな映画を待っていた。

 

 

争う意思のない"人間".,,,しかし、圧倒的な力を持つ種族たちの前には逃げることしかできない。

少しでも立ち向かっていくものの..."勝つために、仲間の命を犠牲にする"そんな選択をしていく『リク』は精神がすり減っていました。

 

"明日を迎えたい"という生きる意志はあるものの、生きていくにはあまりにも惨すぎる絶望が感じられます。

 

しかし、シュヴィと出会うことで「自分がどうしたいか」と正直に心に問い、「(自信が大好きな)ゲームで世界を変えてやる」と、神にも等しい種族たちに挑むのは、"希望"を感じていたはずです。

 

心を知った"シュヴィ"

本作のもう一人の主人公『シュヴィ』は先述の通り、機凱種という種族の少女。

機械仕掛けの体で、心を持ち合わせていません。

 

そんな種族であるものの、人間の持つ心に興味持ち独自に調べていると....理解できずエラーを起こし続け、機凱種から捨てられてしまいました。

 

そんな『シュヴィ』『リク』に近づいたのは、『人間の心』を教えてもらいたかったから。

 

 

二人が出会うことで『リク』の人間の尊厳を取り戻す戦い、そして『シュヴィ』の人間の心を知る物語が走り始めます。

 

『シュヴィ』は、心の難しさから『リク』の逆鱗に触れてしまうことも。

『リク』は、これまでの戦いで失ったものが多すぎていて、精神に限界が...?

 

しかし、それでも『シュヴィ』は心を知ろうと懸命に『リク』についていきます。

 

そして段々と『シュヴィ』にも変化が。

これまでは合理的な選択に基づき、行動や発言をしていたのが、曖昧な意見や考えが...少しづつ人の持つ考えに近づいて来たのでしょうか。

 

同時に『リク』も『シュヴィ』に恋心が芽生え、プロポーズを。

しかし、最初は断られます.....それは、『シュヴィ』がかつて『リク』の故郷を滅ぼしていたから。

 

しかし、その告白を聞いても『リク』は動じません。

それをすべて受け入れたうえでのプロポーズに『シュヴィ』は涙し、受け入れます。

 

ここに"人間"と"機械"という、心を"持つ者""持たなかった者"の愛が生まれた瞬間でした。

 

最期は涙....

『リクと『シュヴィ』が神々に挑んだゲーム。

これも最終段階に進みます。

 

『リク』の戦略通りに進んだものの倒れてしまう『リク』

 

自分一人で何とかしようと動いていた『シュヴィ』の前に、天翼種の『ジブリール』が立ちはだかります。

 

圧倒的な実力差。

ジブリールの力の前に、破壊されていく『シュヴィ』

 

"愛するリクのため"に自らの死を選び、そして全力で戦います。

 

迫力のある戦闘シーンではあるのですが、それ以上に感じる"シュヴィの覚悟"

その覚悟からの全力の戦い、そして結末....

 

"シュヴィを失った"という『リク』の喪失感....そして観ている私も涙が止まりませんでした。

 

二人の戦いの結末は、唯一神《遊戯の神》『テト』が誕生し、人間の勝利で幕を閉じました。

 

そして、"今のゲームですべてが決まる世界"に時代が続いていきます。

 

 

また、最後に流れる主題歌...鈴木このみさんの『THERE IS A REASON』

曲調も素晴らしいのですが、何よりも『シュヴィ』をイメージしたかのような世界観の歌詞はさらに涙を誘います。

 

原作を知らない人でも楽しめる!?

 

さて、このお話ですが...先述の通り『ノーゲーム・ノーライフ』の過去の物語。

 

そのキャラクターも出てきますし、作中の用語ばかりでてきます。

 

しかし....物語は"人間と機械の愛の物語"でもあり、その模様は原作ファンでなくとも感動必至ではないかと思います。

 

原作を知らない人でも一見の価値はあるかと思います。

 

 

とはいうものの原作を知って入れば理解度・感情移入度は格段に違います。

ぜひ鑑賞前にチェックして頂けたらと!

ゆーさとのヒトヤスミでした

 

スポンサーリンク