喫茶ヒトヤスミ

ここは、喫茶ヒトヤスミ。いろんなお話があつまるブログ。

【大人のヒトヤスミを彩るお酒】『HATOMASAMUNE 鳩正宗 純米酒 りんご酸酵母仕込み』感想【13杯目】

f:id:yusatoblog:20170719215511j:plain

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。


日本酒の感想、今回は...『HATOMASAMUNE 鳩正宗 純米酒 りんご酸酵母仕込み』でございます!

 

日本酒の感想ブログもかなり数が増えてきましたね。

www.hitoyasumiblog.com

 

そんな中で、名前もラベルもこれまでになかったような日本酒。

 

まず最も目につくのは名前の『りんご酸酵母』

 

そして淡い緑...グリーンアップルを思わせるかのようなラベル...!

f:id:yusatoblog:20170719220436j:plain

 

気になる感想を早速!

 

スポンサーリンク

 

これは青森県十和田市の酒造『鳩正宗』の作品

さて、酒蔵さんは青森県十和田市に構える『鳩正宗』さん。

 

その『鳩正宗』さんが、「青森県といえば」という作品を作りました。

f:id:yusatoblog:20170719220915j:plain

 

原料米は青森県産の「まっしぐら」...そして「青森といえばりんご!」で、「リンゴ酸酵母」を使用しています。

 

「リンゴ酸酵母」の正式名称は、『リンゴ酸高生産性多酸酵母』

大変酸味が強い酵母として知られています。

(お酒の名称には「りんご」と柔らかな平仮名を使っているところにこだわりを感じます)

 

それはまるで白ワイン

さて、早速の感想。

 

まずは、グラスから感じる香りですね。

すっ...と爽やかに鼻に通ります。

ここ最近、芳醇な香りのものを多かったのもあるのですが、これまでの中でもかなり爽やかな印象の香りです。

 

 

そして、口に含むと...

口に広がる酸味...その酸味は間違いなく自分史上最大の酸味。

しかし、『リンゴ酸』と呼ばれるだけあって、その嫌な酸味ではなく果実から感じるような酸味。

ほのかに、その甘さを感じることもできます。

 

例えるなら、白ワイン。

その強い酸味は、それ独自の楽しみすら感じることのできる程でした。

 

ゆーさとのヒトヤスミでした

スポンサーリンク