喫茶ヒトヤスミ

ここは、喫茶ヒトヤスミ。いろんなお話があつまるブログ。

【プロと一流は違う】プロではなく一流を目指したい理由

f:id:yusatoblog:20170803203943j:plain

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

突然ではございますが、"プロと一流の違い"とは何だと思いますか?

 

  • プロ野球選手
  • 一流の野球選手
  • プロの歌手
  • 一流の歌手

 

様々な世界に"プロの人"がいて、そして一流の選手もいます。

言うのは簡単ですが、果たして"プロ""一流"は何を基準としてしているのでしょうか。

 

もちろん、解釈なんて言うのは人それぞれで、その人なりの考え...矜持ですので正解なんぞないものです。

 

 

改めて自分で考えてみた時、「一流を目指したい」と感じたお話を今日は書きたいな、と。

 

スポンサーリンク

 

"プロ"とは?

《「プロフェッショナル」の略》ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。

引用:デジタル大辞泉

 

つまりは、職業そのものですよね。

野球選手で生計を立てているなら、プロ野球選手。

歌って稼いでいるなら、プロの歌手。

 

異論はありません。

そして同時に、"会社員もプロであること"というのは改めて認識したいな、と。

  • 営業職で給料をもらっているなら、プロの営業パーソン。
  • マーケターで給料をもらっているなら、プロマーケター
  • デザイナー職であるならば、プロのデザイナー

であります。

そこに「いや、俺は雇われだし」とか「フリーデザイナーじゃないですよー」なんて働き方は介在しません。

"お金をもらっている以上、その職のプロである"のには変わりなく、会社から(ひいてはお客様から)の求めに、その職域として成果を目指すべきだと思います。

 

 

また、"プロ"について別の観点からもう一つ。

"生計を立ててなくともお金をもらっているなら、プロである"というのが自分なりの解釈です。

最近ですと、『ココナラ』等のサービスで、副業レベルで自分のスキルをお金に変えることが出来ます。

ちょっとした、お小遣いとは言えども"自分のスキルにお金を払ってくれている"というのは、プロといえるのではないでしょうか。

(その点でいうと、ブロガーもまた然り)

 

"プロ"とは自らの労力で金銭を生み出している人と私は思います。

 

"一流"とは?

その分野での第一等の地位。第一級。「一流の評論家」「一流ホテル」

引用:デジタル大辞泉

一気に、漠然としましたね。

 

"第一等の地位" ...つまりは一番、ということでしょうか。

 

しかし、これで納得する人はいますかね..?

 

例えば一番成績のいい営業パーソンは一流なのか?

例えば一番稼いでいるブロガーは一流なのか?

 

答えは、"YESの人もいれば、NOの人もいる"ではないでしょうか。

 

"お金"を判断基準にものごとを考えているのであれば、その人は彼らを"一流"と呼ぶでしょう。

しかし、別の判断基準...例えば"礼節"という基準の人がいれば、「稼いでいても人としてダメだから一流じゃない」なんていうでしょう。

 

つまりは、"一流は人によって評価基準が違う"のではないでしょうか。

(「彼は一流の選手か?」なんて論争が起こるのもそうであるように)

 

私は一流を目指したい

その違いを考えると私は一流を目指したいですね。

 

なぜなら、"プロ"はお金を得ることだけについてであるから...といった一見言葉通りの理由ですね。

 

例えば、プラモデルを作る人を例にとっても、プロモデラーはいますが、アマチュアであっても一流の人はいます。

 

そして、ブロガーを見てもそう。

プロブロガーはたくさん(先述の意であるならば広告を貼っている私も)いますが、全員が一流ではないですし、お金をもらっていない人でも一流の人がいます。

 

むしろプロであっても、そのやり方などで全く持って一流の存在とは言えない...そんな人だっています。

 

プロとしてやるのであれば、"お金を得る+α"で、自分なりの矜持を持って一流の存在を目指したいものです。

 

ゆーさとのヒトヤスミでした

スポンサーリンク