ヒトヤスミ

みなさまの"ヒトヤスミ"を彩るブログでありたい

【ネタバレあり】映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観てきた本音の感想!

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170811172614j:plain

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

2017年8月11日、『スパイダーマン:ホームカミング』(原題:Spider-Man: Homecoming)が公開しました!

 

大人気アメリカンヒーロー『スパイダーマン』...これまでに2名の監督により製シリーズが製作されましたが、今回はアベンジャーズのお話。

 

早速、公開初日の本日に字幕版を鑑賞してきたので、その感想を本音で書きたいと思います!

 

あわせて読みたい記事

www.hitoyasumiblog.com

 

※ネタバレ含みます。ネタバレを観たくない方は、ぜひ他の記事を読んでくれると嬉しいです!笑

 

スポンサーリンク

 

あらすじ - 物語の始まりからスパイダーマン -

本作は、マーベルコミックの実写化映画を同一世界線で展開させる『マーベル・シネマティック・ユニバース』の16作目として、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の後の時系列となっております。

 

これまでに2人の監督により映画化されたスパイダーマンシリーズをご覧の方は真っ先に驚くこと...それは、「主人公が最初からスパイダーマンであること」です。

 

これまでは、2作品共に"蜘蛛に噛まれる"というきっかけからスパイダーマンになりましたが、本作は既にスパイダーマンとして活動しているところから始まります。

 

ピーター・パーカー(スパイダーマン)は、トニー・スターク(アイアンマン)からスカウトを受け、アベンジャーズとしての任務に心躍らせます。

しかし、トニーは全く任務を与えてくれず、ピーターはNYでの市民お助け係のようなことばかりを続け嫌気の指す毎日...

 

そんなある日、友達の家で開かれたパーティーで、外で爆発を発見します。

気になり向かった先には、とてつもない破壊力の武器を持つ男たちが...(実はこの武器、先の戦いで手に入れた宇宙の物質を使っています)

 

スパイダーマンから逃げる男たちは組織のボスに電話...すると、大きな機械仕掛けの翼、武器、金属スーツを着たボスが現れ、瞬く間にスパイダーマンを倒します。

湖に落とされたスパイダーマンでしたが、危ないところでアイアンマンに助けられます。

 

しかし、そのアイアンマンは、トニーが遠隔で操作していたもの。

トニーはピーターに向かい、このようなことから身を引き、隣人のスパイダーマンでいろと忠告します。

 

しかし、ピーターはその忠告に従わず、自分の力を認めさせるためにトニーに内緒で単身で敵を捕まえようと画策します...

 

全く違うスパイダーマン像...ハイテクなスパイダーマンのスーツ

先述した通り、本作のスパイダーマンはこれまでと全く違います。

物語の始まり(スパイダーマンになるきっかけ)もそうですが、スパイダーマン像としての姿も..。

 

まず最初に感じるのが"幼い"ということ。

ピーターは15歳の設定で、またアベンジャーズでの訓練について動画を常に撮影したり、ヒーローとなった自分の嬉しい様子を自撮で撮影したりと、落ち着かない様子。

これまでのシリーズでは"戦う覚悟"という側面が描かれていましたは、今回は(ある意味この年代だと当然持っているような)自分の思い付きの考えだけで行動する子供っぽさ、そしてある種可愛らしさというのが描かれています。

 

 

また、スパイダーマンのスーツも全く違います。

シリーズ第1作目は、蜘蛛に噛まれ、身体能力も上がり、糸も体から出せるようになり姿を隠す意味合いが強いスーツ。

シリーズ第2作目は、同じく蜘蛛に噛まれ身体能力が上がり、糸はウェブシュータ―という装置から発射という違いがあったものの姿を隠すようなスーツでした。

 

しかし、今回は"スーツそのものがトニーが作成したもの"であります。

昨日は抜群で、なんと人工知能もついています。

偵察用ドローンが内蔵されてあったり、またウェブシューターから発射できる蜘蛛糸タイプも500種類以上と状況に応じ、変化可能。

また、スパイダーマンとしての能力もその時に応じ変化し、若干目が変化したりします。

 

このように、今までのスパイダーマンと同じようなイメージでいると、かなり衝撃を受けます。

 

ピーター・パーカーが少年から成年へと描く物語...

先述の通り、今回のスパイダーマンの行動はまだ子供な部分があります。

アイアンマンの忠告を無視し、単独で敵の行動を察知したスパイダーマンは、大型客船で戦闘をお越し、市民の命を危険に晒します。

 

間一髪アイアンマンが救出に来たものの、激怒したアイアンマンは「お前のような弱い奴が着るものではない」とスパイダーマンからスーツを奪います。

 

その後、日常に戻ったかと思ったピーターでしたが、憧れの先輩とホームカミングの約束を取り付け、彼女宅に向かうと父親が出迎え...なんと彼女の父親こそがスパイダーマンと対峙した、機械仕掛けの翼をもつ敵のボスでした。

 

そこでピーターと敵のボスは一度話をし別れるものの、ピーターは彼を捕まえる(止める)と決意。

自作のスーツで敵に挑みます。

 

敵の猛攻の前に倒れ、瓦礫の下敷きになるスパイダーマン...大声で助けを呼んでいるときにふと見えたのは自分の弱い姿...

彼はそこで、覚悟を胸に自力で脱出し、なんとか敵を倒します。

 

その功績を認められ、ピーターはトニーから"正式なアベンジャーズメンバーとしての会見の場"が用意されますが、ピーターはそれを拒否。

"地に足をつけた、近隣のスパイダーマン"でいることを選びます。

 

"力を持つもの"としての覚悟が、今回の戦いの中で成長し芽生えたのではないでしょうか。

 

次回作の予感

ED後、刑務所での今回の敵の様子が映し出されます。

そして、今回の敵に向かい、「スパイダーマンを倒したい」と述べる別の受刑者が...

 

 

そしてエンドロールが終わった最後には「スパイダーマンは帰ってくる」との字幕が。

 

 

次回作はおそらくあって、そしてその時に対峙する相手もきっと...という感じです!

 

マーベルのアベンジャーズシリーズはこれまでのまだまだ続いていくでしょうし、今回のアイアンマンとのクロスオーバーをきっかけに今後も期待していけそうですね!

 

スパイダーマンを知らない人にはおすすめできるの??

さて、先述の通りこれまでのスパイダーマンとは一線を画した、新しいスパイダーマンの映画となっています。

 

"スパイダーマンは知ってて当然"というような感じもあるのですが...正直、スパイダーマンが"蜘蛛に似た力を使うヒーロー"ということを知っていれば問題ないかと思います!

これまでの、ベンおじさんの死といった内容もないですし、むしろこれまでの詳しいストーリーを知らない方が、素直に映画に入っていけるかと思います!

(逆にこれまでのファンだと、"メイおばさんが若い!"とか"MJヒロインじゃないの!?"なんていうようなツッコミもあります...笑)

 

 

しかし、それ以上に大事なのが"アベンジャーシリーズを知っていること"ですかね。

 

スパイダーマンとアイアンマン、ピーターとトニーの関係性はかなり映画ででてくるものの、その経緯や説明はあまりありません。

 

U-NEXT なら、前時系列の『シビル・ウォー』やアベンジャーシリーズを観ることができ、無料トライアルも実施中ですので、予習・復習におすすめです!

 

今後のスパイダーマンをはじめとした、マーベル作品の展開から目が離せませんね!

スポンサーリンク