喫茶ヒトヤスミ

ここは、喫茶ヒトヤスミ。いろんなお話があつまるブログ。

【大人のヒトヤスミを彩るお酒】『なつくじら 純米吟醸 生原酒』感想【22杯目】

f:id:yusatoblog:20170919220738j:plain

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

 

自分の飲んだ日本酒をただただ語っておりますが、今回でとうとう22銘柄目!

ここまでくるとなんだか自分でもちょっと笑いますね(笑)

 

 実は【〇杯目】というタイトルをつけるのは久々です。

というのも....

 

怒涛の新政酒造祭りがあったからでございますね。

  

 

いやー....本当に見事でございました。

 

今回からまた通常モードで日本酒の感想を書きたいと思います!

新政酒造様のもろもろを差し込んだので、今回紹介するのは夏酒と.....少々飲んだ時期と書く時期が今後も少しだけずれると思いますが、優しい目で見てください(笑)

 

 

さてさて前置きはこれまでにしまして、本日の感想は『なつくじら 純米吟醸 生原酒』

 

 

僕の酔鯨のイメージを壊した『なつくじら 純米吟醸 生原酒』

f:id:yusatoblog:20170919222210j:plain

f:id:yusatoblog:20170919222403j:plain

 

海を思わせる鮮やかな水色のラベルに金色のくじら。

まさしく夏酒といったような爽快さがイメージできます。

 

そしてラベルをよく見ると...。

 

北海道産酒米吟風100%使用という文字が...。

 そう...実は近年北海道産の酒米が熱いんです!!

 

特に今回の『吟風』、そして『彗星』は名品ですね。

(名前もおしゃれ!)

 

 

そしてこのお酒を醸しているのがなんと....高知県の酔鯨酒造様!!

蔵の名前の通り『酔鯨』という日本酒が有名な高知の名酒蔵ですね。

 

 

酔鯨というと"キレのあるスッキリとした味わい"が印象的ですが、この『なつくじら』良い意味でその印象を壊してくれました...!!

 

それはまるで"メロン"

 

f:id:yusatoblog:20170919223707j:plain

お酒のスペックを調べてみると....

  • アルコール分:17度
  • 精米歩合:50%
  • 使用酵母:KA4
  • 日本酒度:+6.5
  • 酸度:1.7

とこれまた結構鋭そうな感じがします。

 

 

が....グラスに注いだ先にあったのは、そのキレを忘れるかのような香りでした。

 

そう....それはまるでメロンのような完熟の香り。

 

"フレッシュな香り"とあったのである程度の若い果実感を想像していたのですが、それを通り越えたフルーティーさがそこにはありました。

 

 

甘く広がる香りに誘われて、ファーストアタック。

 

最初の一口はすっと酸が広がる感じ。

そして含んだ後の香りにもフルーティーな感覚は残ります。

 

ただその甘く漂う香りも、最後はドライな感覚が喉を通っていきます...。

 

.....

 

嗚呼、飲みやすい。

味わってもするするとイケてしまう。

 

酔鯨=キレ

という印象だった僕に大きな衝撃を残したお酒でした。

スポンサーリンク