喫茶ヒトヤスミ

ここは、喫茶ヒトヤスミ。いろんなお話があつまるブログ。

プレゼントと言葉の力

f:id:yusatoblog:20171107113853j:plain

みなさまごきげんよう、ゆーさと(@yusato_gh)です。

 

今日はちょっとした心が温まった話と、自分の不器用なお話....。

 

スポンサーリンク  

きっかけはある日の夜

Amazonで手帳を頼んでおりました。

2018年の手帳....実は大好きなシンプル手帳がありまして、かれこれ3年くらい連続で使っています。

 

で、Amazonさんから発送の連絡があって「今日かな」って思っていた夜..。

 

(ピンポーン)

あ、来たかな

 

「お届け物でーす」

 

はーい.....ん???

 

明らかに手帳サイズではないサイズの段ボール

 

本当にうちですk...(ちゃんと自分の住所であることを確認)

 

受け取り後まじまじと見つめる......."ゆーさと"という宛名が。

!?!?!?

 

Amazon欲しいものリストから届く

結論から言うと、#たにやん(id:taniyanno)からお送りいただいたようです。

 

実は、たにやんとは知っている仲。

キャスもコラボする仲。

 

どこまで言っていいのか分からぬけど、"我が道""我が心"で生きているタイプでお兄さん気質の人。

なんか陰口を叩かれることもあるらしいのですが、その分反対に多くの方からも愛される人。

 

飲みの席では話題に事欠かない、面白い人。

口悪いとか本人も言っている通りたまに感じますが、最近はそれ以上に良い人な感じが溢れ出ています(笑)

 

WordPresssでブログもやっていて.....

表に出しているのはWordPressだけかな?はてなブログでも読者になれば更新のたびに通知&リダイレクトというイケメン仕様。

 

 

ライフやレビューなど書いているブログ....あと、おもちちゃん可愛い。癒し。かわいい。ほんと、かわいい。

(詳細はブログで確認してみてください)

 

 

で...お送りいただいたのが、お酒......もとい、私にとっての命の源

 

f:id:yusatoblog:20171107110022j:plain

 

心から嬉しい 

 

言葉の力

実は...

 

「送ってもらった!嬉しい!!」

 

という話で終わりません。

 

 

今回、たにやんから送ってもらったものの中にメッセージが....。

(Amazon欲しいものリストってそういう機能あったのね...今度自分でもやってみよ)

 

 

まぁ、そのメッセージの内容は秘密なのですけれども。

 

 

ただ、それが自分の心にドンピシャなものでした。

ファイルに入れて大事なところに、見えるところに置いておくくらい。

 

こういうスマートなことができるのが兄貴と親しまれる所以なのでしょう。

 

 

贈り物...もといプレゼントというのは嬉しいもの。

しかし、自分の中で想い続けてきたことを察して(?)、そういうメッセージをもらえるというのは、それ自体に大きな幸福・そして力をもらうことができます。

 

 

皆さんからの言葉...ありがとう。ごめんなさい、こういうときどんな顔していいかわからないの

「ごめんなさい、こういうときどんな顔していいかわからないの」

f:id:yusatoblog:20171107113323j:plain

画像出典:新世紀エヴァンゲリオン

 

先日書いたある種自己満な記事(ハッピーバースデー、俺!次は24年間の集大成、備忘録も兼ねて今何を想っているのか。)にも多くの方からコメントを戴きました...。

 

 

多分Twitterとかでやり取りがわかる人については直接御礼申し上げました。

(もしもまだの人といたらごめんなさい、見落としです。言っていただけたら全力土下座しながら伺います)

直接御礼先がわからない方のコメントもしっかり読んでいます。

 

 

家の中でゴロゴロ転がりながらニヤニヤするくらいに嬉しかったです。

 

 

でも、本当に感情表現が苦手で、こういう時どういう顔をしていいのかわかりません。

嬉しいのは間違いありません。素直にうれしいです。

 

感情表現が苦手な人って損している....というよりも感情表現な上手な人って本当に尊敬します。

 

 

でも、その1つ1つからも「まごころを、君に」と言わんばかりの内容を感じ、心にパワーとして宿っています。

 

 

「言葉をもらえる」ということ、この幸せさとパワーをまじまじと感じておりました。

 

 

 

 

おめでとう

おめでとう

おめでとう

おめでとう

 

ありがとう

 

 

みんなに、ありがとう

 

と、まるで新世紀エヴァンゲリオンの最終話のように本記事を締めさせていただきます。

スポンサーリンク